2.補綴治療

補綴治療(被せ物)について

虫歯や歯が抜けてしまうと、その部分を何らかの人工物で修復し機能を回復する必要があります。 また当院ではそのような場合以外にも咬み合わせが定まらない、ものが咬みにくいといった症状を治療する場合にも被せ物により治療することもしております。 咬合接触面積の検査や、咬み合わせの位置などの異常を特定する検査などにより原因を特定し治療を行いますのでご安心ください。


※咀嚼の主となる第一大臼歯でうまく咬めるように治療しました。


※咬み合わせの治療…咬み合わせの面積が少なく咀嚼障害が起こっていました(左)が、
咬み合わせの治療により良く咬めるようになりました(右)


※左側で咬みにくいとのことで検査をすると咬む位置がばらついていました(左)が、
治療により一定の位置で咬めるようになりました(右)。
治療の難易度は高いですが「よく咬めて咬み心地の良い」補綴治療を追究しています。


補綴治療(入れ歯治療)について

当院では入れ歯の作製も得意としております。
通常の入れ歯においても精密な作製方法をとっておりますが、難易度の高い症例の場合は入れ歯作製前に仮の入れ歯が必要になることがあります。 特に総入れ歯の場合は、咬み合わせが定まらない、咬む位置がわからない場合などにおいては仮の入れ歯を使うことで、咬み合わせを定めることが可能です。

また部分入れ歯の場合は、入れ歯だけではなく口腔内の環境を整えた上で最終的な入れ歯の作製を行います。 入れ歯が合わない方の多くは入れ歯だけではなく、口腔内に問題がある場合がほとんどです。 部分入れ歯においても仮の入れ歯を使用し歯肉状態やバネのかかる歯の形の最終決定を行うことで、長期間問題の起こらない入れ歯を設計することが可能です。

物が咬める入れ歯を作製したい方はぜひ当院へご相談ください。
※治療用義歯…咬み合わせが不安定な方を正常な位置に戻す治療用義歯


※機能的な義歯…奥歯でしっかり咬めるように作製しています。