京都市伏見区の歯科・歯医者 浅井歯科医院|JR藤森駅、京阪墨染駅近く

補綴治療

Prosthetic treatment

詰め物・被せ物の治療

印象採得へのこだわり

Precise treatment

精度を高めて
再製の少ない治療を

精度を高めて再製の少ない治療を

入れ歯や詰め物・被せ物といった補綴物の作製に必要な歯の模型を作るために、印象材を使用して口の中の型を取ることを印象採得(歯型取り)といいます。
精度の高い補綴物を作製する上で、正確な印象採得は非常に重要です。
当院の印象採得では、印象材の分量や練和時間など、材料の特性を理解し、正しく使うことで、歯にぴったりと適合する精度の高い補綴物を作製することができます。

印象採得では、いくら質の良い材料を用意していても、知識・技術が不足していてはその特徴・メリットをしっかりと引き出すことはできません。印象材を取り扱う歯科医師によって精度に差が生じることがあり、大切なのはどの材料を“どのように扱うか?”だと考えております。

Relapse prevention

適合性を高めて
虫歯の再発を防止

精度の高い印象採得により歯と補綴物の適合性を高めることは、見た目の美しさや機能性の向上だけでなく、虫歯の再発(二次カリエス)の防止に繋がります。

適合が甘く、歯と補綴物の間に隙間があるとそこから虫歯菌が侵入して、なかで虫歯が再発してしまうということが起こり得ますので、そうしたことがないようにアルジネート印象材を使って精密に作製して、大切な天然歯を守るように努めております。

お体に安心・安全な材料をご提案

Metal allergy

銀歯は金属アレルギーの
原因となる場合があります

保険診療の場合、削った歯の部分に銀歯などの金属の歯科材料を入れることがありますが、銀歯には見た目の問題以外にも、長期間使用していると金属アレルギーの原因となる場合があるというデメリットも。

一方、オールセラミックの場合、金属は一切使用しませんので、見た目に美しいだけでなく、お体に安心・安全な状態で使い続けていただけます。

Characteristic

オールセラミックには
こんな特徴が

金属を一切使用しないオールセラミックは、天然歯に近い白さ・透明感が出せるだけでなく、金属アレルギーのリスクがない、歯茎の変色が起こらない、汚れの付着・変色が起こりにくいなどの様々な特徴があります。

銀歯と違い自費診療となるため費用はかかりますが、お口の機能・審美性にとって色々なメリットがある材料ですので、それらを詳しくご説明したうえで患者様にお選びいただくようにしております。

詰め物・被せ物の種類・費用(自費診療)

All ceramic

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

セラミックだけで作製した被せ物で、天然歯に近い白さ・透明感が出せ、さらに汚れの付着・変色が起こりにくいので、きちんとケアすれば末永く美しい状態をキープすることが可能です。
金属不使用ですので、金属アレルギーや歯茎の黒ずみなどのリスクはありません。

メリット

  • 審美性が高く、天然歯のような白さと透明感が再現できる
  • 表面が滑らかなので汚れが付着しにくい
  • 吸水性がないので変色が起こりにくい
  • 金属不使用なので、金属アレルギー・歯茎の黒ずみが起こらない

デメリット

  • 保険適用外
  • 強い衝撃を受けると破損する恐れがある
  • 金属と比べて被せに厚みが必要なので歯を削る量が増える

費用

138,000円(税込)

Metal ceramic

メタルセラミッククラウン

メタルセラミッククラウン

内側のフレームに金属を使用して、目に見える部分にセラミックを焼き付けた被せ物です。
古くから審美の歯科治療に使用されている歴史のある被せ物で、耐久性があります。

メリット

  • 天然歯に近い白さが出せる
  • オールセラミッククラウンに比べて歯を削る量が少ない

デメリット

  • 保険適用外
  • 経年劣化により歯茎が黒ずむ場合がある

費用

108,000円(税込)

Hybrid ceramic

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

セラミックとレジン(歯科用プラスチック)を合成した材料で作製する詰め物・被せ物です。
費用を抑えて歯を白く見せることができますが、オールセラミックと比べると審美性はやや劣ります。

メリット

  • 費用を抑えて歯を白く見せることができる
  • 靭性(粘り強さ)があるため衝撃に強い

デメリット

  • 保険適用外
  • オールセラミック、メタルセラミックと比べると審美性は劣る
  • 金属に比べて歯を削る量が増える

費用

ハイブリッドインレー:32,000円(税込)

ハイブリッドクラウン:86,000円(税込)

Gold

ゴールド

ゴールド

金の含有率の高い合金を使って作製する詰め物・被せ物で、経年的な咬み合わせの変化に柔軟に対応してくれるため、最も歯にやさしく、歯科治療に適した材料です。
また形成しやすい材料で歯との適合性が高いので、虫歯の再発(二次カリエス)が防ぎやすくなります。
ただし、金属のため審美性は劣ります。

メリット

  • 強度が高いので、咬合力の強い奥歯にも最適
  • 適合性が高く、虫歯の再発が防ぎやすい
  • セラミック材料に比べて歯を削る量が少ない

デメリット

  • 保険適用外
  • 審美性は劣る

費用

ゴールドインレー:36,000~42,000円(税込)
※小臼歯・大臼歯で費用が異なります

ゴールドクラウン:86,000円(税込)