3.歯内治療

歯内治療について

虫歯が大きくなり歯の内部の神経にまで及ぶと、歯の神経に細菌が入り込み、神経を除去する治療が必要になります。 従来の治療では針のような器具を手で回して神経の管をきれいにする治療が主流でしたが、歯の内部の神経の管は複雑な形をしているので、非常に時間がかかり患者様のご負担になり、また術者により技術に差がでる治療法でした。

当院では、ニッケルチタンファイル(K3)とエンドモーターと呼ばれる新しい機器により、短時間により正確に神経の管をきれいに治療することで、患者様のご負担を軽減し、正確な治療が出来るようにしています。 また、難症例では歯科用CT撮影による精密検査や、外科的歯内療法なども併用して治療行い、歯の保存を試みます。


※根の治療…曲がった根や複雑な根の内部に精密な治療を行っています(上)
移植した歯の根の治療(下)